日本で爪水虫に悩んでいる人は、およそ1200万人!10人に1人は実は爪水虫に悩んでいます。でも、爪水虫ってどんな症状なの?と疑問に思われる 方の為に、爪水虫の初期症状から末期の症状まで画像でわかりやすく、見分け方を解説。特に足の爪が黒くなっている方は非常に危険な状態です。

ここでは、爪水虫の症状の画像をご紹介しながら、初期から悪化すると爪が黒くなっていく末期症状まで、爪水虫の症状についてご紹介していきます。

中にはすごい画像もでてくるので、閲覧の際は心の準備をお願いいたします。

爪水虫(白癬:はくせん)とは?

爪水虫の初期

爪水虫の進行の様子(出典http://水虫菌.com/nail/check.html)

真菌(カビ)の一種である皮膚糸状菌(白癬菌)が皮膚に感染して起こる病気で、一般的に知られているのは足に感染すると足白癬(=水虫)と言われ、爪に感染すると爪白癬(=爪水虫)と言われます。

爪水虫は「水虫の末期症状」ともいわれ、水虫から感染し、爪にまで菌が広がってしまうことが多いです。また、爪と指の間に菌が感染していることから、治療が難しく、完治が長期化する傾向にあります。

上記の写真を参考にしていただくとわかると思いますが、最初は少し「爪が厚っぽく黄色くなってきたな~」程度の自覚症状しかありませんが、放っておくと爪水虫が悪化して非常に危険な状態になります。

爪水虫の初期症状の見分け方は?

白く混濁した爪水虫初期症状(出典:http://homepage1.nifty.com/ysh/a024.html)

白く混濁した爪水虫初期症状(出典:http://homepage1.nifty.com/ysh/a024.htm)

爪水虫の初期症状は、放置していても痛みやかゆみなどの自覚症状はほとんどありません

しかしながら爪が厚くなったり、基盤で変色してきた、ボロボロと裂けるようになってきたなど爪自身の劣化していく症状があります。また、爪水虫になる人の多くは、足の親指の爪から感染する人が非常に多いです。

その為、足の親指の爪に以下のような症状が出ていたら要注意です!

爪水虫(爪白癬)の主な症状

  • 爪が厚くなる
  • 爪が濁っている
  • 爪の表面が崩れてボロボロになる
  • 爪に表面に筋ができる
  • 爪のまわりに炎症がある

爪水虫が悪化するとどうなる?

爪水虫黒

悪化した爪水虫の症状(出典:http://水虫菌.com/nail/check.html)

爪水虫は、白癬菌による病気ですから、何もせずに放置して治る病気ではありません。放っておくと悪化していき、以下のような症状が見られます。

  • 他の足の爪にも感染が広がる
  • 足の爪が茶色や黒くより変色が進む
  • 足の爪が混濁肥厚し、爪が濁って厚くなる
  • 足の爪がボロボロになり、筋張って割れてくる
  • 家族にも爪水虫の感染が広がる

爪水虫の症状画像集

それでは、こちらに爪水虫(爪白癬)の症状の画像集をご紹介していきたいと思います。

画像で見たほうが症状が明らかになりますからね。

爪が白色に混濁肥厚(出典:http://homepage1.nifty.com/ysh/a024.htm)

爪が混濁肥厚し、一部は黒く変色しています。

爪が混濁肥厚し、一部は黒く変色(出典:http://homepage1.nifty.com/ysh/a024.htm)

爪白癬

爪が白く濁り、厚く爪の中がボロボロと崩れている(出典:http://www.my-kaigo.com/pub/individual/chiebukuro/foot/0010.html)

ちなみにですが、こんなYoutubeで爪水虫の症状を紹介している方もいらっしゃいました。

爪水虫(爪白癬)の治療方法は?

爪水虫の主な治療方法は3通りあるといわれてます。

  1. 飲み薬
  2. レーザー治療
  3. 塗り薬

爪水虫の治療方法①塗り薬

爪水虫の治療方法として、まず一番初めに行うのが、塗り薬での治療になります。(病院の方針にもよりますけが…)病院を受診する場合は、まずは皮膚科を受診しましょう。その場合には、クレナフィン外用という塗り薬を処方されることが多いと思います。

実は管理人は皮膚科の受診でクレナフィン外用で治療していましたが、効果がでずに飲み薬かレーザー治療を行うか悩んでいました。飲み薬は肝臓腎臓に負担か非 常に大きく副作用が怖くて飲めず、レーザー治療は近くに行ってくれる病院がないことからなかなか爪水虫と格闘する日々でした。
クレナフィン爪外用液10%

出典:http://clenafin.jp/product/img/photo_01.jpg

実は、2004年から爪水虫にも病院で処方される以外の市販薬も販売されることになり、私が爪水虫を治した塗り薬は、「クリアネイルショット」です。1年くらいで無事に完治!爪がキレイになりました!!!!
クリアショット

出典:https://www.kaitekikobo.jp/clearnailshot/images/pake.png

クリアネイルショットは、1か月お試しコースが2980円から始められて、なんと効果が実感できなければ全額返金保障制度がついています。迷われている方にはまずはこちらの「クリアネイルショット」がお勧めです。

「クリアネイルショット」公式サイトで「全額返金保障」開催中!


WEB限定のクリアネイルショットお得情報はコチラ!

 

爪水虫の治療方法②飲み薬

爪水虫の飲み薬での基本治療は、ラミシール内服薬により爪水虫の原因菌である白癬菌(はくせんきん)を死滅させる方法になります。但し、飲み薬は専門薬なので、医療機関(皮膚科)での治療が必要になります。また、服用期間は6か月~10か月程度と非常に長期戦です。

白癬菌を飲み薬で治療する場合には、妊娠中や授乳中は副作用が大きいため利用ができません。また、腎臓・肝臓障害といった副作用も起こる可能性がありますので、適切な医師の指導のもと行う必要があります。

 

爪水虫の治療方法③レーザー治療

爪水虫のレーザー治療はその名のとおり、レーザーで爪水虫の白癬菌の元を焼き殺す治療方法になります。しかしながらこちらの治療方法は専門院での治療と自費治療になるため、非常に高額な治療方法になります。

以上で、爪水虫の症状をわかりやすく、画像でご紹介させていただきました。

ちょっと見るのも痛々しい爪水虫の画像もあったと思いますが、是非とも爪水虫が悪化する前に、初期治療で早く治しましょう!!!

 

 

また、自宅で爪水虫の治療をされたいという方のために、爪水虫薬の市販薬ランキングもご紹介しております。

【オススメはコレ!!】爪水虫市販薬のよく効くランキング

 

 

皆さんも、知らない間に爪水虫で爪が黒くなっていませんか?早めの治療が完治の鍵ですよ!