爪水虫(爪白癬)の治療方法には、飲み薬や塗り薬、さらに近年はレーザー治療もありますが、ここでは医師から処方される塗布薬「ルリコン」「ルリコナゾール」とはいったいどんな薬なのか、又効き目はどうなのか、口コミ情報を含めてご紹介します。

関連記事:【オススメはコレ!!】爪水虫市販薬のよく効くランキング

 

爪水虫の治療方法のルリコンとは?

ルリコン液1%

出典:https://www.qlife.jp/meds/img/packageinsert/basic/2655712Q1027/2655712Q1027_003.jpg

ルリコンとは、「ルリコン液1%」という、主に外用薬(塗り薬)のことを指します。

内服薬のカプセルもありますが、一般にルリコンといえば塗り薬です。

ルリコンはエルゴステロールと呼ばれる爪水虫や足水虫の原因となる白癬菌などの真菌に対して効力を発揮します。

エルゴステロールが作られる過程でその生成を阻害する働きをします。

したがって、ルリコンを塗ることによって白癬菌を殺す効果が期待できるのです。

通常は足水虫(足白癬)をはじめ、カンジダ症などの治療に一般的に使用されていますが、爪水虫も白癬菌による感染症なので、治療に用いられるケースは多いようです。

 

「ルリコン液1%」の爪水虫への効果は?

どのような薬もそうですが、人によって効き目が大きく違うのが実情のようです。

爪水虫は普通の足水虫とは違い、患部が爪の内部に隠れている為、足水虫のようにルリコン液1%の強力な効能が直接患部に届きにくいからです。

 

そのため、「ルリコン液1%だけでは爪水虫の患部の白癬菌に対しては効きにくいという結果になるようです。

 

そこで、ルリコン液1%は内服薬(飲み薬)と併用するケースが多いとのことですが、内服薬は肝障害などの全身的副作用や薬物相互作用も多く、特に高齢などで複数の治療薬を服用している方への使用は制限されることもあるようです。

 

新情報:ルリコンとルリコナゾールの違いは?

ルコナック爪外用液5%

出典:http://medinfo-sato.com/products/luconac/images/luconac_sato_01.jpg

2016年1月22日、ルリコン液1%と、同一成分でしかも5%という高濃度の爪白癬治療薬ルリコナゾール(商品名ルコナック爪外用液5%)の製造販売が承認されました。

 

適応は「皮膚糸状菌(トリコフィトン属)による爪白癬」で、1日1回罹患爪全体に塗布するというものです。ルリコンと同一成分・高濃度と聞くだけで効果が期待できる製品に感じられます。

 

より有効成分の濃度が高いルリコナゾールが発売されたので、効果にも期待ができそうですね!

 

 

爪水虫の治療方法のルリコンは効かない!?口コミ情報は?

 爪水虫とルリコンに関する口コミ情報を探してみました。

以下の3件の口コミ情報をご覧ください。(Yahoo知恵袋より)

 

 

足爪が水虫に。飲み薬を使わず治った方いますか?

今、ルリコン液を風呂上がり爪に振りかけてます。そして他の爪にも移らぬようにと言われルリコン軟膏を右足全ての指に塗ってます。

この水虫菌はどこにでもいる常在菌で、たまたま免疫力が低下した拍子に感染したのだと言われました。

この処方開始してから1週間。全く変化無し。

飲み薬無しで完治された方、キレイな爪が生え始めるまでどの位の日数かかりましたか?

引用:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12117493547

 

 

30代後半女性です。

爪水虫に悩まされています。

5年ほど前から爪水虫に悩まされています。内服役は副作用がでてしまった為、今はルリコンという液体の薬と塗り薬だけで処方していますが、一向によくなる傾向はありません。

引用:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1091658655

 

 

爪水虫は痒くないのでつい放置してしまうんですよね、さて爪水虫は外用薬では治らず、飲み薬内服しないと治らないといいますが、いま、いい液体の外用薬がでてます。クレナフィンと言います。しかしちょっと値段高いです。皮膚科で相談してください。いずれにせよルリコンでは治らないと思います。年単位の長期戦になりますががんばって!

 

引用:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11160999191

 

 

1人目の方はまだ治療期間1週間です。完治するには半年から1年はかかるといわれますので、ルリコンの効果は不明です。

2人目の方は一向に良くならないと。

3人目は質問に答えた方の投稿ですがルリコンでは治らないと言っています。

 

結局、「ルリコンで爪水虫が治ったという」口コミ情報は見つけることができませんでした(汗)

 

あまり評判がよくないのか、完治した人がわざわざネットに書き込む機会が少ないのかわかりませんが、、、結構厳しいのかもしれません。また新しいルリコナゾールは出たばかりなので、今後の完治などの口コミが増えてくることを期待したいですね。

もし、皆さんの体験談などございましたら是非コメントやお問合せフォームなどからご連絡いただければ、掲載させていただきます。

 

 

爪水虫の市販薬もありますが、私が実際に使って効果があり、実際に爪水虫が治ってきたと実感が持てているオススメの爪水虫市販薬はクリアネイルショットです。

利用した81%の人が効果を感じられており、市販薬で日々の使いやすさも抜群でした。(塗りにくかったりするんですよね。他の薬は…。)

 

私のオススメの市販薬はこちら!一度、試してみてください。返金保証付きです。

→81%が効果を実感!爪水虫の根本対策には『クリアネイルショット』

※忙しくて病院に行けない!処方薬が効果がなかった!内服薬が飲めない!っていう方にオススメですよ。

 

 

他の商品に関して詳しく口コミなどが知りたい方は、こちらの「爪水虫市販薬の良く効くランキング」のサイトをご覧下さい。

 

 

<参考>爪白癬完全治癒率

参考までに「爪白癬完全治癒率」を以下に紹介します。

 

いずれも、ルリコン以降に出た新薬です。

 

  • クレナフィン爪外用液10%:15.2%(1年間毎日使用した時のデータ)
  • ルコナック爪外用液5%:14.9%(1年間(48週)毎日使用した時のデータ)

 

どちらの薬剤も15%程度の治癒率であることがわかります。

 

期待するほど完全治癒率が高くないということです。

 

一般的に爪水虫は、水虫を長期間放置しておくことで皮膚から爪へ進行することで生じる疾患です。そのため爪水虫だけの治療では完全治癒率を上昇させることが難しい疾患といえます。同時に足水虫の治療を行ったデータがあれば、完全治癒率が上がるのかもしれませんが、爪白癬治療剤が発売して1年程度の現時点では、そのようなデータはありません。今後に期待したいものです。

 

 

もし、爪水虫の治療でお悩みの方がいらしゃいましたら、管理人オススメの治療薬はコチラの記事でランキング形式で口コミと共にご紹介しています。

↓↓↓

【オススメはコレ!!】爪水虫市販薬のよく効くランキング

 

よろしければ、是非どうぞ。私も副作用の関係上内服薬が飲めなったので、色々と市販薬の塗り薬を試した結果です。