巻き爪の治し方について調べてみると、意外な方法で自分で足の巻爪を治している方がいるようです。それはなんとデンタルフロス。本当に効果があるのでしょうか。自分で足の巻き爪を治したい方に向けて、フロスやその他の方法での巻爪の治し方についてご紹介します。

そもそも巻き爪って一体何?

巻き爪とは?

巻き爪とは、爪が湾曲して皮膚にめりこんでしまったもののことを言います。女性の足の親指に多くみられます。

巻き爪の原因

①過体重・ハイヒールなど

ハイヒールや肥満などで足の爪に体重がかかりすぎていると、爪に強い「広げる力」を受け続けることになります。すると、爪は逆に「巻く力」が増強します。安静時には「広げる力」を受けず「巻く力」だけが働くため、巻き爪を引き起こしてしまいます。

②窮屈な靴などによる爪への圧力

窮屈な靴などで爪に力がかかると、爪は容易に変形してしまいます。幅の狭い靴を履くことで、靴からの圧迫と隣の指からの圧迫を受けて爪の両端が巻いてきてしまうのです。

③遺伝

巻き爪には遺伝性も否定できません。家族歴で巻き爪がある場合、親指だけではなく、足の爪すべてが巻き爪になっていることが多くあります。爪が薄い傾向の方が多いようです。

④薄い爪、弱い爪

爪が薄かったり、爪白癬(爪水虫)などで爪がもろくなっている人は爪が巻きやすい傾向にあります。

自分で治せる?!フロスを使った巻き爪の治し方!

巻き爪を自分で治す方法を探してみると、なんとデンタルフロスで治すことができるという記事を見つけました。その方法をご紹介しましょう。

・用意する物

デンタルフロス(100円ショップやドラッグストアに売られているもの)

・方法

巻きこんでいる爪の端に、デンタルフロスの細くなっている部分をおしいれ、上の方にはじくだけ。

はじく方法はコツを得るまではなかなか難しそうです。詳細はこちらのブログを確認して見て下さい。外科的手術をしても治らなかった管理人さんにより、フロスを使った巻き爪(陥入爪)を治す方法が記載されています。

本気で自分で治したい!足の巻き爪の治し方、おすすめはコレ!

フロスを使用する他に、自宅で巻き爪を治す方法を以下にご紹介します。

①ワイヤータイプの専用矯正キットを使う

出典:https://store.shopping.yahoo.co.jp/hl1/sun1825007.html?sc_i=shp_pc_search_itemlist_shsrg_img

爪にひっかけるだけで、巻き爪による食い込みや圧迫を和らげてくれます。形状記憶合金のワイヤーを使用することで、爪を引き上げてクセ付け、痛む部分を根本からケアすることができますよ。

②テーピング

出典:https://store.shopping.yahoo.co.jp/yh-beans/0780338.html?sc_i=shp_pc_search_itemlist_shsrg_img#ItemInfo

巻き爪の専用矯正キットにはテーピングタイプのものもあります。

爪が食い込んでいる部分にテープを差し込み、押し広げながら貼るだけなので、誰でも簡単に巻き爪ケアを行うことができます。

③コットンパッキング

出典:http://xn--w8jua2e976vidirrkfrj.com/jitakukyousei/

軽度の巻き爪であれば、コットンを使って応急処置をすることもできます。

・用意する物

コットン、ピンセット

・方法

患部を清潔にした後、清潔なコットンを爪と肉の間に詰めます。痛みの程度などをみながら、少量ずつコットンを詰めるのがポイントです。

④爪専用ジェルで爪を強くする

巻き爪の人は、爪が薄く弱い傾向にあります。日々のケアとして、爪専用ジェルを使い、健康で強い爪が生えるのをサポートするのも良いでしょう。

「クリアネイルショット」は爪の成長をサポートしてくれるので、毎日の爪のケアにおすすめです。

まとめ

巻き爪の治し方についてご紹介しました。

足の巻き爪は痛みを伴い、歩くのも困難になってしまうことすらあります。悪化すると炎症が起こり、外科的な処置を行わなければならないこともあります。

自分でできる日々のケアを行うことで、少しでも重症化せずに治るとよいですね。

症状がつらい、なかなか治らないという場合は、無理せずに早めに病院を受診するようにしましょう。