グリーンネイルとは何かご存知ですか?実はマニュキアなどのネイルアートをしている人は誰でもなってしまう可能性があるんです。もしなってしまったら、病院に受診した方がいいのでしょうか?グリーンネイルとは何か、マニュキアとの関係や病院受診の判断基準などについてご紹介します。

グリーンネイルとは?

原因菌はなに?

出典:http://www.teikyo-u.ac.jp/timm/research/r05.html?page=research

グリーンネイルとは、その名の通り緑色に変色してしまった爪の事を言います。

健康であれば透明であるはずの爪を緑色にしてしまう原因、それは緑膿菌です

緑膿菌はどこにでもいる細菌です。特に水場などの温かくてじめじめと湿った環境を好みます。お風呂場などで緑色のぬめりがあるのはこの緑膿菌の影響です。

どんな症状?

重症のグリーンネイル 出典:https://matome.naver.jp

グリーンネイルは症状によって爪の色や変色範囲が異なります。

ごく軽症であった場合は、爪の表面の一部が黄色~薄緑色に変色します。グリーンネイルに気づかず重症化してしまうと、爪の広範囲が緑~濃い緑色に変色します。

緑膿菌自体は爪を変色させるだけで、爪の中に侵入するといったことはありません。

高齢者や免疫力が著しく低下している人に対しては緑膿菌感染により全身状態に影響を及ぼすことがありますが、通常は健康状態に関わることはほとんどありません。

なぜグリーンネイルになってしまうの?

ジェルネイルなどのネイルアートをしている人の約6割がグリーンネイル予備軍と言われるほど、ネイルアートとグリーンネイルは深い関係があります。

ネイルアートをしている人がグリーンネイルになりやすいのはなぜでしょう?

 

ジェルネイルをしている人の場合、自爪とジェルとの間に浮きが生じてしまうことがあります。その状態のまま放置してしまうと、緑膿菌がその隙間に入り込み、暗くじめじめした空間で繁殖してしまいます。その結果緑膿菌が爪を緑色に変色させてしまうのです。

ジェルを外した時に初めてグリーンネイルになっていたことに気づいたというケースが多くみられます。

グリーンネイルとは?マニュキアとの関係性

ジェルネイルをしている人の場合は爪とジェルとの浮きによってできる隙間が緑膿菌の繁殖場所として適していることを説明しました。ではマニュキアではどうでしょうか?

マニュキアの場合、ジェルネイルと違って浮きが出てくるというよりも剥がれてしまうことが多いですよね。マニュキアによってグリーンネイルになってしまうことはあるのでしょうか。

 

結論をいうと、マニュキアでもグリーンネイルになってしまうことはあります。

その原因は以下の3つです。

  1. 爪の傷に緑膿菌が付着おり、その上からマニュキアをしてしまった
  2. グリーンネイルが完治していないのに、上からマニュキアをしてしまった
  3. マニュキアをするために使用した器具に緑膿菌が付着していた

ジェルネイルなどに比べればごく少ない可能性と言えるでしょう。

しかしマニュキアでもグリーンネイルになる可能性は否めないため、器具を清潔に保つことや手指の消毒をしっかり行いよく乾燥させてからマニュキアを施すなどといった注意が必要です。

グリーンネイルとは 病院にかかるべきなの?

【爪水虫が治った!】口コミから有効な治療方法はどれ?

グリーンネイルは基本的には緑膿菌を取り除き清潔・乾燥を心掛けていれば治っていくものです。

しかしあまりに重症化してしまっていたり、爪の疾患があった場合、また妊娠中で症状が不安であったり、他の疾患で免疫力が低下しているといったことがあれば病院にかかりましょう。

病院では皮膚科で診察してもらえます。ネイルアートをしている場合は全ての指のネイルアートをきれいに外してから受診するようにしてくださいね。

 まとめ

ジェルネイルやスカルプなどをしている方に多くみられるグリーンネイルですが、マニュキアでもグリーンネイルになる可能性があります。そのため、手指や器具の清潔をするよう気を付けてネイルアートを行うようにしましょう。

また、症状や状態によって病院に受診することも必要となってきます。少しでも不安があれば一度皮膚科で診てもらってくださいね。

 

アメリカではグリーンネイル専門薬として薬局で販売

爪への浸透技術で特許取得した唯一の薬品

今すぐクリック!!>>>グリーンネイルの塗り薬 Dr.G’s クリアネイル

こちらがオススメです。日本ではグリーンネイル治療薬は市販では売られていないので、公式の輸入販売店なので安心です。ネットで今すぐ購入できるのも便利ですよね。